夢中人 ---語学と暮らしと子育てと---

muchu.exblog.jp
ブログトップ

中国人ママ友との時間

ダレンシャンをかなりのスピードで読み進めている。
ちょっと、一息入れよう。

昨日は消防署の出初式。
去年、思いがけないタイミングで見物することができて、息子は消防車で高いところまでいけた。
今年もそれを期待して、中国人ママ友を誘って一緒に行くつもりでいたのにあいにくの雨。
式典は予定通りあるけれど、消防車に乗れるイベントはないとのこと。
去年は晴天で恵まれていたんだなとしみじみ。

結局、うちに昼前にきてもらって一緒にお昼を食べた。
長女は始業式で下校も早く、彼女も一緒に食べた。
b0207197_412896.jpg

年末にみんなで盛り上がったダンボールの階段で遊ぶ二人・・。
b0207197_475191.jpg


前日は英語、この日は中国語でしゃべる母を、長女はどういう風に感じでいたのだろうか。。
しかしそれにしても、簡単な日常的な単語さえも出てこない。
語学とはちょっとやらないだけでこんなにもサビるものかと改めて思う。

コタツなどの夫のいろいろな作品を見て驚く彼女。
「手先が器用なんよ」
と言いたかったけど、器用という単語が出てこなかった。
ぴたっとくる単語を知っていたはずなのにな・・。
今ネットで調べたけど、「灵巧」?だっけ?
ちょっとピンとこない。。

夕方次女のお迎えが迫ってきた時、ママ友からかなりヘビーな内容の相談をされた。
お迎えの時間がきても切り上げにくかった。
しかも、さあ出ようとした時に、今度は家の電話が鳴った。
なんと以前プログラムでお世話になった教授から。
学生向けの授業の付き添いだった(プログラムの修了生でガイド資格保持者を探しているらしい)
来週の金曜17日、、そもそも息子がいるし、且つその日はメイク講座の日なので丁重にお断りした。
しかし、生徒のほとんどが中国人留学生で、中国語で話しても可というユニークな内容には心惹かれた。

そんなこんなで、お迎え予定の時間をずいぶんとオーバーしてしまった。ゴメン!
[PR]
by reiko_lingzi | 2014-01-09 04:23 | 中国語